鎌倉時代から伝わる不思議な赤い水〜横浜市金沢文庫の温泉、岩盤浴、エステ 能見堂赤井温泉

歴史

金沢八景の由来とも言い伝えられる絶景名所に鎮座する「能見堂 」

能見堂は寛文年間(1661~73年)に地頭の久世大和守広之が再興した地蔵院のことである。
その歴史は古く、平安時代に藤原道長が開いたとも伝えられている。 
元禄時代、心越禅師がこの地より八景を配して詩を読んだのが金澤八景の始まりと言われており、現在では『金澤八景根元」の碑が残っている。古代の絵師、巨瀬金岡が能見堂より風景を描こうとしたものの、あまりに素晴らしく 絵画に表現することのできない存在として筆をなげたとの言い伝えが存在する。 
現在では鎌倉天園へ通ずる六国峠ハイキングコースとして親しまれている。

能見堂の歴史

能見堂址

能見堂址

金沢八景眺望

金沢八景眺望

六国峠ハイキングコース

六国峠ハイキングコース

正法院弘法大師像

正法院弘法大師像

金沢八景根元碑

金沢八景根元碑